Voz de Estrellas.

躁うつ病と戦いつつも趣味に生きるオトコの一代記。

原因。

昨日書いた「躁鬱病」について。

ボクの場合は、仕事内容から逆流性食道炎になり病休取ったあと復帰したら「アンタのようなのが病気になるとはの」と言われた事が主因です。課長、係長と上司がいる中で課長は「ワシの頃はこんなもんじゃなかった」と自分の忙しさ自慢(なのに出世すると定時帰り)で係長には先述のことを言われたのですね。

実は逆流性食道炎の頃には予兆はあったみたいで。食欲を始め欲というのが無くなるという事に気づいてはいたんですが。皆がその状態になるものだと思っていたので。

その状態になるお仕事とは、生活保護ケースワーカー。保護を受けている方の状態をチェックしたり相談に乗ったりとするのですが、これがかなりのモノでした。数字に追われ、人とのかなりディープなトコロに突っ込む。大抵の方が精神的に病むとも言いますが。

ボクの場合はその上で人間関係が良くなかったことから、行く先々で人間関係に悩むと病んでしまうことになってしまいました。

そして、今年…最初に発症したときの係長が課長になって巡り巡ってボクの上司になったのです。内示を聞いたときにその内示が受け入れられないと掛け合いましたが聞いてくれず。しんどくなって今に至ります。

これがボクの病の原因です。たぶん一生治らないかもしれません。でも、いつか治る日を思い…自宅でこうして綴っているのです。

時限爆弾は今日も進んでいます。