Voz de Estrellas.

躁うつ病と戦いつつも趣味に生きるオトコの一代記。

キャンプまとめ。 2017/10/8~9 その2

蒜山高原キャンプ場でのキャンプ初日の様子はこちら

estrellajiro.hatenablog.com

 

結局、焚き火を眺めてその日一日が終わったんですが、やはり名残惜しい。
なので、夜更かしを試みるも即撃沈。ワイン日本酒の後にビール2本飲みましたし。
やはり眠くなったら夜更かしせずに速攻寝るに限りますね。
おかげでぐっすりと寝ましたよ。

 

蒜山の朝は早かった。
だってみんな活動が早いんだもん。
なので、7時前には外に出て朝食の準備に取り掛かった。

しかし起きたら夜露がすごすぎて。
明らかに乾かないだろうというくらいべっとりと。
その上落ち葉がテントに…
これが片付けでかなり手間取ることになります。

f:id:estrellajiro:20171011160101j:plain
わかりづらいかもしれませんが、屋根一面が落ち葉でいっぱい…
しかも落ち葉があったのがウチのサイトだけっていう悲しいお知らせ。

朝ごはんはパンとヨーグルト。それにコーヒー。
セサミロールパンだったので、ロースターであぶるとゴマが香る。
famの付録のホットプレートを使ってみましたが、使い方が間違っていたせいか、即焦げるという悲しい結果に。

estrellajiro.hatenablog.com

これは缶詰の温めなどがいいんでしょうね。
あと、円盤型でなく四角形のほうがスタッキングに困りません。
コールマンさんのブツなのですぐに戦力外にせずに長い目で見守りたいと思います。
これに懲りて、パン2つ目はユニフレームのロースターを使いました…

朝はレギュレーターストーブが大活躍します。
これ一台で事が済んでしまうくらい。
パンとコーヒーだけの朝食なら本当にこれ一台でOK。
買ってよかったと改めて思う商品ですよ、コレ。

そしてヨーグルトは蒜山高原ヨーグルト。
とっても濃厚でおいしゅうございました。
もちろん帰りにご購入。

 

で、撤収になるのですが、やはり夜露が行く手を阻む。
しかもサイトの前面にある木が影を作ってしまい夜露を乾かしてくれない。
幸いサイトの側面の芝生がフリースペース(というかデットスペースみたいなもの)だったので、そこに日が照りだすとテントを移動させて干すことにしました。

でも、乾かなかった…

この時期のキャンプは気候が穏やかなので妻も喜んでいたのですが、ここで落とし穴があろうとは…
まぁ、仕方のないことですから。
テントとタープ以外は妻が手っ取り早く片付けてくれたので感謝感謝。

結局、テントとタープは軽く水滴を取ってビニール袋(45リットルのペール袋)に詰め込みました。車に積み込むのに結構かさばりましたが。
今後は、その分を計算して荷物を選別したり積む算段をしたりしないといけませんね。

帰りにも「道の駅風の家」に寄りました。
そしたら前日以上の人の入り。
早く帰りたかったので白菜と白ねぎと大根をさっさと購入して退散。
ただ、この道の駅はぜひ行ってみて欲しい!
儲かる道の駅の見本と言う感じです。

 

そして高速道路に乗るのですが、ものの500mでサービスエリアに。
この蒜山高原サービスエリアがいいんですねぇ。
まず風景がいい。

f:id:estrellajiro:20171011161512j:plain
うっすらと遠くに大山が望めます(中央奥の白っぽい山が大山)。

そして飯がウマい。今回はイートインで蒜山そばを食しました。
これがウマい。ミニどんぶりセットを注文しましたが、予想以上に量が多くて大満足。
レストランでは蒜山やきそばやジンギスカンも食べれるのでおススメです。
おみやげ物も豊富で、蒜山ヨーグルトや牛乳だけでなく山陰のお土産菓子、地元の漬物(これがウマい)が売ってました。ひととおりあるので困ることはないでしょう。

外では鳥取すなば珈琲が店を出していたので、思わず買っちゃいました。

f:id:estrellajiro:20171011162036j:plain
これは試して飲まなければ。

 

あとは休憩をボチリボチリとしながら家路に着きました。
大佐のサービスエリアで総社市の学校カレー(各小学校のカレーがレトルトで売られていて、その収益が小学校へ還元されるらしい)が欲しかったのですが…
相当金を使っていたので、泣く泣くあきらめました。

で、家に帰ると即タープを干しまして。
天気が良かったので、すぐに乾きました。

翌日にはテントも干してスッキリ片付いたという。

 

蒜山高原キャンプ場のまとめ
①高原なので基本暑苦しくない。ただ、夜は冷える。
②キャンプ場は一方通行なので車の往来で鬱陶しくなることはない。
③水辺の湿原広場があることからブヨが多いらしい。今回は影響なかった。
④ごみの分別がしっかりできていれば苦労しない。が、炭の残骸や灰は袋から開けなければならなかったので苦労した(一部で炊事棟の脇に捨てる輩がいたが腹立たしいね、そういうの)とのこと。
⑤食材はある程度苦労しないので、メニューを事前に考えておけばいいキャンプになると思う。

てな感じです。
次はどこに行こうかな。そしてシーズン内に行けるかな。
ということで、次はソロキャンプの準備です。天気悪いけど。