Voz de Estrellas.

躁うつ病と戦いつつも趣味に生きるオトコの一代記。

菊花賞の予想をしてみようか。

f:id:estrellajiro:20171016160744j:plain

さっき菊花賞の予想をし、馬券を購入してきました。
結論は最後に話すとして能書きをたれさせていただきます。

前哨戦の結果から

セントライト記念はミッキースワローが強い競馬をしました。一方で人気となったサトノクロニカルは少し足らない内容だったでしょうか。
一方神戸新聞杯は本番に出走しないレイデオロが完勝し、世代トップの力を見せ付けました。となるとここで負けた馬が人気になると危ないのではないかという疑念が出てしまいます。もしくは世代自体レイデオロ以外がどんぐりの背比べ状態でどうともいえないのか…。
だから前走でも人気になったサトノクロニカルやサトノアーサーなんかは危ない人気馬になりかねません。かといって見限れないし…。

馬場適性が必要

今回の菊花賞は距離については未知の部分があるのでどうとも言えません。
厩舎情報などを参考にするしかありません。
2,200mや2,400mを走れても3,000mになったら最後に止まるということもありえますし。
それ以上に大切なのは馬場への適性。
先週の秋華賞がそうでしたが、重馬場への適応ができる馬が上位に入ったのではないかと思います。実際に欧州血統のハービンジャー産駒が1着と3着に入っていますし。
そう考えると欧州血統を探すのが一番です。
あとは父は母の父に重馬場でも対応できる血統を探してみましょう。
父で目を見張るのはルーラーシップ。初年度産駒は案外でしたが重馬場やダートで境地を見せていました。実際ボクが去年POGで指名したルーラー産駒はダートで勝ち上がったし…。また、当馬も不良馬場で臨んだ重賞を2勝しているように得意としているのではないでしょうか。

終結

欧州血統を見るとイギリス産のベストアプローチしかいませんね。まずは注意しておきましょう。
ルーラーシップでは、人気どころですがキセキとダンビュライトが該当します。デムーロ武豊騎乗となるとなんだか期待してしまいます。
あとは母の父がミスターグリーリーという重やダートで活躍していた血統が。ポポカテペトルです。マウントロブソンの下ということで期待されていた馬です。
この4頭…といきたいところですが、あえて絞りましょう。なぜなら入金のし忘れで口座の残金が500円となっていたからです。

ここは一発逆転狙いで。
ルーラーシップ勢からダンビュライトを消します。理由としては母の父がサンデーサイレンスということで長距離適性において母父ディープインパクトのキセキに劣る(ディープが父サンデーというツッコミはあるでしょうが)とみました。ちなみにディープインパクトは母が中長距離に優れたドイツ血統であるため、ここでキセキを残すということに。

残す3頭で本命はポポカテペトルにします。切れる脚はないもののジリジリと伸びるところは長距離タイプと見ます。
対抗ベストアプローチ、単穴キセキとし、ポポカテペトル単勝と残る2頭への馬連の流し馬券とします。

17時30分現在でポポカテペトル単勝が21倍。馬連万馬券となっております。
秋のG1、早くも大勝負に出ましたことを宣言します。
(来週はちゃんと口座にお金を入れておこうっと)