Voz de Estrellas.

躁うつ病と戦いつつも趣味に生きるオトコの一代記。

げんさんとよーこさんの山ごはんを試す、の巻。

深刻なことを昨日書いていたので、今日はゆるくいきましょうか。

先日のことですが、一冊の書籍に出会いまして。

キャンプの課題。それはごはん。

常々思うのは「キャンプでバーベキューばかりでいいのか」という疑問にぶち当たるわけですね。
ま、滅多にキャンプをやらない人は「肉を食べたい」とか「バーベキューは非日常」となるんでしょうが(たぶん)、回数を経ると「キャンプでの食費がかさむよね」とか「たまには違うものを食べてみたい」ということになるんです。

そこで、「ごはん、何する?」ということに何としてでも応えたいわけです。
それをスマートにできるとより上級者になるでしょうし。

かといって、ボクはこれまでもアヒージョだったりたたきキュウリだったりとやってみたんですが、やっていくともっともっと極めたいというのが出てくるんですよね。
そこで、生まれて初めて「レシピ本」なるものを購入しようと思ったわけです。

究極に考えた結果。ウルトラライトに。

紀伊國屋書店で書籍を探しているとそれなりにあるものです、キャンプでのレシピ本も。
ただ、やはりバーベキューでの変わりテクニックだったりバーベキューに合ったメニューだったりとどうしてもバーベキュー絡み。
ソロキャンプやる身としてはエンゲル係数が急上昇する結果になりかねません。ま、アヒージョくらいはできますが。

そこで目を付けたのは「山岳でのごはん」でした。
山登りだと多くのものを運べませんし、どうしても少ない材料でおいしいものを作ろうと努力することになります。それをソロキャンプに生かせないか?となりまして、購入しました。

f:id:estrellajiro:20171022101539j:plain
購入したのは「げんさんとよーこさんの山ごはん」。簡単で美味しい絶品メニュー85というのに惹かれて購入しました。

載っているのは、本当に簡単でローコストなメニューばかり。
例えばファミチキを使って赤ワイン煮込みを作ったりするんですよ。
そのなかで、ボクは「焼き鳥缶」と「野菜ジュース」でカレーを作ることにしました。

焼き鳥缶と野菜ジュースのカレー

作り方

  1. コッヘルか大きめのシエラカップに焼き鳥缶(たれ味)を開ける
  2. そこに野菜ジュース(200ml)を加えて火をかける。
  3. 温まりだしたらカレー粉(大さじ1)を加えてよくかき混ぜる。
  4. カレー粉が溶けてよく混ざったらコンビニの塩むすびを入れる。
  5. できあがり

以上です。調理時間5分くらい。
簡単でしょ?しかもカレー粉を除いた材料費は300円くらいでしょうか。安いです。
こんなに安く主食が作れていいんでしょうか?

実食

食べてみると…
うまい!思った以上にうまい!
カレールウの金額でチキンカレーが食えるとは。
驚きました。非常に驚きました。

最後に

これ以外にも先ほど挙げた「ファミチキの赤ワイン煮込み」はファミチキ、赤ワイン、フリーズドライのオニオンスープと水で作れます。
また、焼きビーフンを使った様々なメニューが載っています。イタリアンビーフンやタイカレービーフンとか。

そんな「げんさんとよーこさんの山ごはん」は山と渓谷社から1,500円で販売されています。
なんか最後は宣伝してしまった…
でも、おいしいメニューがあるからソロキャンプだけでなくファミリーキャンプでも使えますのでオススメですよ!