Voz de Estrellas.

躁うつ病と戦いつつも趣味に生きるオトコの一代記。

天皇賞秋

基本、スポーツ中継があればずっと見てしまう。
昨日なんて、気づいたら大学女子駅伝もあったものだから「またテレビ見すぎた…」となってしまうことになる。もともとテレビっ子なものだから、いい加減妻から母親に叱られるが如く言われるかもしれない。
でも仕方ない。そこにスポーツ中継があるのだから。

そして、日曜日は特別なのだ。
基本競馬があるからね。

で、本題。
天皇賞秋は荒れると見ていた。
理由は天候と馬場。台風が近づいていることが馬場の悪化を進めていたからである。
予想は渋った馬場で実力が出る欧州血統をということで、母父がシングスピールのシャケトラと欧州血統が並ぶサトノクラウンを軸にした。注目のキタサンブラックは仕上げ途上と見たのとやや重馬場であった宝塚記念の不可解な惨敗から無印とした。

結果。
キタサンブラックの完勝。
最後にサトノクラウンが詰めてきたが、キタサンブラックの脚が衰えることなくゴールになだれ込んだ。


f:id:estrellajiro:20171030120836j:image

期待していたシャケトラは15着。ずっと馬場に脚を取られていて4コーナーでバテていたらしい。なんて日だ。

キタサンブラックには最大の賛辞を送りたい。
ベストとはいえないデキだったうえ出遅れるという先行馬にとって致命的なことがあっても冷静な騎乗(さすが武豊)でコース取りをして最後に突き放すという。
あとは怪我なく無事にジャパンカップ有馬記念に臨んでほしい。

そして願わくば我の馬券的中である。
こればかりは永遠の課題…