Voz de Estrellas.

躁うつ病と戦いつつも趣味に生きるオトコの一代記。

11月になりました。が…

11月最初の日。
深酒のせいか、うつ状態に陥ってたからか、どちらにせよふらふらの状態で起きる。
でも、アタマは冷静なもので、妻がゴミの日を間違えているのを指摘。
今日は水曜日なので瓶缶の日ではない。

そのうえ妻は寝坊した(滅多にしない二度寝をしたらしい)ので昼食がないという。
仕方ないのでコンビニ飯で済ますことにした。

が、コンビニに行ったら弁当のバリエーションがない。
というか、売り切れていたのである。
仕方なく残っていたひとつを手に取りレジを通した。

うつ状態は昼間になれば少しづつマシになっていき、晩ご飯のネタでも考えられるようになる。今日は酒に合うというだけでおでんにすることにした。

おでんを仕込むのは楽しい。だしなどは出来合いにしても鍋に仕込むという行為が楽しい。何事も仕込みが一番面白い。

f:id:estrellajiro:20171101201441j:plain

仕込みすぎたな…

おでんを煮込んでいる間、radikoで年賀ハガキの取り扱いが始まったという。
考えてみると今年は妻の身内に不幸があったため喪中であった。
ということは、喪中はがきを出さなければならない。
喪中はがきは確か11月中に出さなければまずかったような…

のんきに過ごすわけにはいかなくなったな。
喪中はがきをどうするか、まずそこからだ。

本音はあともう一回ソロキャンプに行きたい。
もう一回一人で外で酒を呑みぼーっとしたい。今年のうちに。
でないと毛布を持っていけと妻がうるさいから(今でもそうだが)。

11月。何とかして乗り切らなければ。