Voz de Estrellas.

躁うつ病と戦いつつも趣味に生きるオトコの一代記。

ホントにもう一丁。

三連休になりますが、天候とは裏腹に用事が溜まってキャンプどころではありません、悲しいことに。
11月は晴天が続いてくれればいいんですが。

さて、笑'sさんの焚火グリル「B-6君」の出来が素晴らしいことは

estrellajiro.hatenablog.com

で述べて

estrellajiro.hatenablog.com

での実戦デビューでも十二分なスペックを発揮してくれました。

f:id:estrellajiro:20171102174530j:plain

調子に乗ってオプションで燗グリルと鉄板グリルを購入したため、両方を生かすためにはもうひとつ必要と判断し、もうひとつ注文してしまいました。本当に調子乗りですね。

2つ持ちになることで考えた

ただ、燗グリルの使い方について考えなければならないと思ったんですね。
燗グリルの燗をするところですが、燗酒をしないときは寂しい。
ということで、考えた策。

「おでん」
あの燗をする筒でもって牛すじ串を温められないか。もしくはチビ太の様におでんネタを刺して浸けれないか。
「どて煮」
あの形状なら煮込み料理もできるんじゃないかと。下処理さえできれば。
ただ、作り方は知らない(調べろよ)。

なんてのを考えていくと楽しみが増えていく。自己責任だけどね。
鉄板で肉か魚を焼き、燗グリルでつまみを作る。
理想的なおひとり様が確立されつつありますね。

でもやっぱりここは

やっぱり2つ持ちで最も贅沢な使い方は「燗酒をやりつつ、エイヒレでもあぶり、サンマを焼く」ってのはどうでしょうか。エイヒレなぞここ10年食べておりませんが。
でも、肴を作って酒をやるってのは男のロマンというものなのでしょう。人の意見はまったくもって聞き入れておりませんが。

ただ、この手のギアの弱点はメンテナンス。
実は先日のソロキャンプで使った際にも鶏肉の脂がB-6君全体にしたたっており帰ってからが苦労しました。キズモノ覚悟でバーベキュー用のブラシでもってゴシゴシ洗いました。
脂はとれていきましたが、焼き焦げた部分はそう簡単には取れませんでした。正確には焼け焦げは焼け焦げで「コレも味だろ」と諦めました。ま、使い込んだという勲章とでも言うんでしょうか。

来週にも2つ目のB-6君が届きます。
今度は鉄板グリルの使い勝手について試せれば、といいますかソロキャンプに出れればと思っています。
もう、使っている妄想が過ぎてソロキャンプに飢えている…