Voz de Estrellas.

躁うつ病と戦いつつも趣味に生きるオトコの一代記。

ネタエマージェンシーの中で。

ブログ中毒とはこういうものなんだろう。

「ネタがない。でも書かなければ。」
いやみんな期待しているわけでもないから書かなくていいんじゃない?的なツッコミもあるでしょうが、そうはいかない。
「今日はひとネタ書くんだ。」
そんな思いは抑えられない。

「ネタをひねり出す。そして書く。」
誰もがそういうのを繰り返して毎日ブログを成立させているのである。

となったら、ボクがかつて書いたネタはいったい何だったのかということにもなりかねませんが。

estrellajiro.hatenablog.com

本当に思い立って暇なときって…「今だ!」って具合に書き始めるのですが。
それが進まない。ノープランなのでより進まない。
これが俗に言う「ネタエマージェンシー」というものである。

で、ネタエマージェンシーになったときにどうするか?

①とりあえずページを広げた状態で今日あったことを綴ってみる。いわば日記。
これは何か面白いことがあったならいいが、休職中の身。特に起こることは普通ないのだ。
なので、今日のところは却下。

②録りだめたテレビ番組を見て、その感想を述べる。いわば論評。
これはアタリのときもあればハズレのときもある、ギャンブル的要素がある。
今日は昨日録っておいたアメトーーク「競馬芸人」を見たのだが、皆さんにお伝えするにはマニアック的過ぎると判断したのでやめておく(録っておいた方は実際に番組を見てください、面白かったですから)。

③とにかくこの苦しい現状を綴ってみる。いわばドキュメント。
この状態を綴るだけでなんとか1記事まとまりそうならそうしたほうがいい。
1回やってしまうと2度とできなくなってしまう、なんかの呪文みたいなもの。
でも、これをやると相当スッキリするのは間違いない。

で、選んだのは③でした。

これで救われた…
今日のネタエマージェンシーが何とかなる…

という感じでネタエマージェンシーを楽しんでみた話になってしまいました。

で、ブログを書いていて思うのは、「人に見てもらいたい衝動」と「自分で吐き出したい衝動」とがマッチすればとても手ごたえのある記事が書けるんじゃないかと。
ですが、僕はまだその域には達していないんでしょうね。

いつかその域に到達できるように精進します。

その前にネタエマージェンシーに陥らないようにメモとかとろうかな…