Voz de Estrellas.

躁うつ病と戦いつつも趣味に生きるオトコの一代記。

希望の海へ

宝塚歌劇団を観に行ってきました。
雪組公演「ひかりふる路~革命家マクシミリアン・ロベスピエール~」「Super Voyager!~希望の海へ~」でございます。
望海風斗さんトップ大劇場お披露目です。

「ひかり~」は、フランス革命時の革命家マクシミリアン・ロベスピエールのことについて、「Super~」は望海風斗さんの芸名の一文字ずつをモチーフとしたステージが繰り広げられます。

 

その観た感想

  1. トップコンビ歌うますぎ
  2. 男役がホントに男前すぎ
  3. ショーがとにかくハッピーすぎ

 

もう、いうことありません。

トップコンビは聴いてるだけで浄化されていく感じの歌声。
「歌うまコンビ」との触れ込みがありましたが、その期待を裏切らない。
これは実際に見ていただくか、後日発売されるであろう媒体で聴いていただくかした方がいいですね。
男役も組替えもあって顔触れが変わったのもあるんですが男前が多い(ま、宝塚はそんな世界ですが)。今回のはかなり男前な感じでした。
そして、ショーが楽しいのですが、どう楽しいかと言われたら「頭に残るメロディーと振り付け」が楽しくて楽しくて。オープニングからわ~いとなるくらい、楽しかったですよ。

おかけさまで、鬱々していたのが晴れていった感じになりましたよ、終わった直後は。

f:id:estrellajiro:20171201124444j:plain

この幕が開いてから希望の海が広がってきました。

 

さて、今年もあと1ヶ月。
慌ただしい1ヶ月になりますが(休職中なのでそこまでではないけれども)、頑張っていきますか。