Voz de Estrellas.

躁うつ病と戦いつつも趣味に生きるオトコの一代記。

【競馬】チャンピオンズカップ

昨日はダートG1「チャンピオンズカップ」でした。
別サイトで予想は載せていましたので、ご覧ください。

estrellajiro.net

結果はといいますと、1着ゴールドドリーム、2着テイエムジンソク、3着コパノリッキーで、馬連△-◎で的中。久々の的中でした。

 

感想となると言うのが難しいですね。
1着から14着までの着差が1秒ないという混戦。
なんか、うまくハマったときのハンデ戦のような。
ちなみにハンデ戦というのはちょうどよーいドンで走ってみてみんな同じタイムで走れるだろうという予想の基でハンデを決めているのですね。
実際はそうもいきませんが…。

こういう混戦となったときは展開ひとつで…ということになるんでしょうが。
結局はゴールドドリームを除いては先団につけた実力馬がそのまま残った、力どおりの決着といえたでしょう。
やはりダートは展開ひとつもあるんでしょうが、中京のダートは力のある先行馬が数頭いればそのままで決着しそうですね。
スタートのうまい馬、騎手。
また、馬の状態、仕上がりが全てをいいますね。

さて、ここが終わるとダート馬は東京大賞典に向かうことになるでしょう。
どの馬が出走するかはわかりませんが、このチャンピオンズカップの上位馬がすんなりと選出されるでしょう。
となると、チャンピオンズカップの結果がそのまま…とはいくか。
ボクは「NO」に一票を投じたいと思います。
理由はいくつかありますが…。
これは東京大賞典の出走馬が出揃った後に話したほうがいいでしょうね。

 

今週、来週と2歳G1が続きます。
こればかりはどうとも解説がいかないので。
単に情報不足というものあるんですが…。
いわば「勝ち逃げ」しといて有馬記念に備えようかと思います。
馬連40倍つきましたしね。軍資金には十分です。

 

話は競馬から離れますが、昨日雪組新トップの望海風斗さんの特集番組がBSでやっていました。
それを見ていて、トップに残れる人って「感性」がスゴいんだな、と思いました。
「感性」「思い」「表現力」…
色々と秀でているとは思いますが、「感性」がスゴいことは大切なのですね。
望海さんを見ていてそう思いました。

競馬の世界でもそうなのかもしれません。
やはり勝ててる騎手には「感性」が研ぎ澄まされてるのだと思います。
勝利騎手のムーア騎手を見ていてそう思いました。

そんな望海さんの素晴らしさについては、また別のときにでも書くことにします。
いやぁ、昨日は久々に充実してた。
そんな日々が続くといいんだけどね…。