Voz de Estrellas.

躁うつ病と戦いつつも趣味に生きるオトコの一代記。

宝塚トップスターと有馬記念の関係

f:id:estrellajiro:20171219114758j:plain

暇なので宝塚GRAPHを読み、有馬記念のことを考えていたら…
「そういえば真矢みきマヤノトップガンって関係あったかな?」となりまして。
で、調べてみました。そしたらありました。
「トップ就任の年(1995年)にマヤノトップガン有馬記念優勝」というデータが。ま、データは今作ったんですが。真矢みきさんが花組トップ就任したのが1995年。その年に大劇場お披露目をしております。
そして、その年の有馬記念マヤノトップガンが優勝しているというものでした。

実に面白い!

そこで、過去10年の宝塚トップスター就任と有馬記念の結果を照らし合わせてみました。

ちなみに宝塚歌劇団にはイメージカラーがあります。これも結果に関係します。

花組:赤、月組:黄、雪組:緑、星組:青、宙組:紫

過去10年の宝塚トップスター就任(敬称略)

2007年:大和悠河宙組
2008年:真飛聖花組
2009年:柚木礼音星組)、大空祐飛宙組
2010年:霧矢大夢月組)、音月桂雪組
2011年:蘭寿とむ花組
2012年:龍真咲月組)、壮一帆雪組)、凰稀かなめ宙組
2013年:なし
2014年:明日海りお花組)、早霧せいな雪組
2015年:北翔海莉星組)、朝夏まなと宙組
2016年:珠城りょう(月組)、紅ゆずる(星組

過去10年の有馬記念結果との照合

2007年:牝馬ダイワスカーレット2着
2008年:牝馬ダイワスカーレット1着
2009年:牝馬ブエナビスタ2着
2010年:牝馬ブエナビスタ2着
2011年:勝負服赤エイシンフラッシュ2着
2012年:5枠ルーラーシップ3着
2013年:
2014年:牝馬ジェンティルドンナ1着、3枠トゥザワールド2着、勝負服赤ゴールドシップ3着
2015年:4枠ゴールドアクター1着
2016年:

照合結果

トップ就任と結果がある程度照合できたかと思います。
これにさらにフィルターをかけてみました。
それは、就任年に大劇場お披露目をしているかどうか。これでさらに絞れます。
結果としては先ほどの一覧で赤で示した方が就任年に大劇場お披露目をしています。
すると結構絞れてきましたね。意外な結果が出たかと思います。 トップ就任のなかった2013年、就任年に大劇場お披露目をしていない2016年を除いて馬券に反映されています。

法則としては、以下のことが考えられました。

  • G1勝ち牝馬が馬券に絡む
  • 組のイメージカラーが馬券に絡む(枠と勝負服)

この場合、イメージカラーが紫の宙組はどうなるかというのがありますが。勝負服で紫を探すしかないでしょう…

さて気になる今年は

今年トップに就任したのは、望海風斗(雪組)、真風涼帆(宙組)の2名。
このうち真風さんは来年に大劇場お披露目となるので、残るはすでに大劇場お披露目を行った望海さんがこの法則に関わるのではないか、と。
雪組のイメージカラーは緑。
緑色の帽子=6枠(今のところ11番と12番)
緑色の勝負服=サトミHC(サトノクラウン、サトノクロニクル)、キャロットF(ルージュバック)、島川隆哉トーセンビクトリーブレスジャーニー)、山田和夫ヤマカツエース
これには注意が必要ですね。
そしてG1勝ち牝馬クイーンズリングミッキークイーン)も。

その中で絞った結果は…

今のところは、この馬(最大4頭)に注目しておきたいと思います。

このカルトな予想ではキタサンブラックシュヴァルグランもスワーヴリチャードも入っていない。
だから競馬予想はやめられないんです。

もちろん、論理的な予想もしたいと思います。
明日はどんなアプローチで予想をしようかな。