Voz de Estrellas.

躁うつ病と戦いつつも趣味に生きるオトコの一代記。

Xデー、決まる。

f:id:estrellajiro:20180313104345j:plain

長かった…人事異動のいたずらで自分の躁うつ病の症状が再び出ようとは。
それから半年以上、しんどくなってからは10ヶ月くらいか。やっと脱する日が近づいてきた、はずだ。

というのも、人事異動の内示日がはっきりした、いわゆるXデーが来たというわけです。
日にちを前もって言うとたぶん守秘義務とかに引っかかると思われるのでやめておきますが、内示日がはっきりしてくると「やっとしんどいのを脱することができるんだろうな」と思うわけです。
今日はそのXデーが判明したことから、(たぶん)前向きになって頑張っていこうという話を。

人事異動というパズル

どの業界でもあることでしょうが、人事異動というのは「パズル」に例えられます。というか「パズル」です。
誰が辞めてポストが空くから、そのポストを埋めるために誰かが昇進とかになって、そのまた空いたポストに誰かが異動して次年度となります。
どの分野でも一緒ですよね。埋め合わせるパズル。

暗躍する予想屋

ボクの業界だけかどうか分かりませんが、異動内示日の発表があると同時に退職者の発表があります。
そして、その発表からいろんな憶測が巡られるという。誰が昇進して誰が動いて誰が埋めるか。

そのからくりを知っているかのごとく暗躍する人もいるくらい(単なる予想屋なんでしょうけど)。
必ずいましたよね、事情通ってのが。人事異動があったらその解説をする人。ボクもそのひとりでしたが。

今年の予想は

まず、ウチの職場は、今年は退職者が少なかったです。
理由としては定年前の早期退職者を多数発生させていたから。3,4年前と比べれば少ないものです。
おかげで餞別を贈るのに金銭の工面を苦労しなくて済みましたが(笑)

で、予想をしましょう。予想屋が近くにいない(というか自分が職場にいないのだから)ので。
ということで、書いても何のことやら判らないと思いますので、省略します。

省略しなくていいのは、自分のポジションについて。
果たして自分のポジションはあるのでしょうか。希望している部署への異動というのは叶うのでしょうか。
予想としては、叶っていないでしょう。
なぜなら、躁うつ病という病気を背負った男というレッテルは意外と重たいから。人間関係、オーバーワークなどを考慮したら暇な部署に置かれることが間違いないのですから。

躁うつ病というレッテルを背負い

先ほども書きましたが、病気を背負った人間って、出世云々以上に「オーバーワークはさせられない」など、保護鳥獣の如く扱われてしまうことが多いです。
そのため、下手をすれば新人でもこなせるような業務をあてられることが多いです。
なので、希望する部署への異動は叶わないだろう、という予想をしてしまうのです。

マイナス思考じゃダメじゃん、ということもあるでしょう。
でも、まずマイナスな思考回路が巡ってきてしまうのです。
悪いのはボクなのか。そうではないような気もするんですが。

現在の病状

現在はこれまでも書いてきているように順調に回復してきています。
昼間の眠気はありますが、それは誰もがあるような眠気。ひとつ乗り越えれば何とかなります。
昼間はこのようにパソコンに向かい文章を書いたりしています。はてブロのほかにブログなどをやっていますが、住み分けているのでそれぞれ違うことを考えながら(一応、自分の考えに基づいて書いていますが)ブログを書いています。
思考がマイナス気味である以外は元気です。
アウトドアのことを考えていると前向きになれます。いつソロキャンプに行こうかな…とか。
先日も呟いていました。

ギアを急激に揃えてしまったのはよろしくないのですが…反省…

躁うつ病再発の恐怖

ひとつだけ考えなければならないのは、躁うつ病再発です。特にうつ状態への対策です。
オーバーワークによるうつ状態の発生はないでしょう。まず、オーバーワークにならないように考えることにしたので。

問題は人間関係。今回発生したのはかつてうつ状態に貶められた人間が、上司としてまたやってきたから。いわば人のことを考えていなかった人事部門のミステイクです。
その人間関係については改善してくれるでしょう。してくれないといけません。

ま、保証できませんがね。何度もミステイクしてくれるものですから。

迫り来るXデーに向けて

Xデーまで数日、そして復帰(といっても即復帰とはいかず復帰訓練がありますが)まで15日くらいになったでしょうか。
今は期待と不安が混じっていますが、自分は必ず復帰するんだという思いが強いので、期待が上回ってますでしょうか。
その期待を胸に、まずはXデーに向けて心を整えておきます。

と、思うがまま書き綴ってみました。書き綴ると落ち着くといいますか、スッキリします。休職中は何も発散できることがないから、こうすることで何とか発散できているといいますか。とにかく、今日もこれでスッキリしました。

お付き合いくださいましてありがとうございました。