Voz de Estrellas.

躁うつ病と戦いつつも趣味に生きるオトコの一代記。

グランフロント大阪にていろんな未遂をした話。

つづく、としてしまったので。つづき。
宝塚観劇からの韓国料理というなんともいえないごった煮感の一日のあと。
朝起きたら…普通に6時30分。サンテレビでは釣り番組をやっていました。あっさり他局に替えましたが。

ビュッフェでのおもてなし

朝食はビュッフェ。
ありがたいことにフレンチトースト、スクランブルエッグ、ベーコンが別途運ばれてきました(頼んでもいないのだが)。

だけど昼食のこともある(そこで呑みたかったらしい)ので、自重しながらいただいたのです。
と言いながら、ひと通りいただいた上にヨーグルト(フルーツ付き)を食べてコーヒー飲んだんですけど。

さてGo to shopping.

この日の予定は、梅田でショッピング(買うかどうか不明でしたが)。調べたらグランフロント大阪というものがあって色々とあるのでいいのでは、とカミさんに提案。
そしたら、カミさん興味津々。異論なく梅田へと向かいました。

グランフロント大阪。初めて来ましたが、さすが大阪。ツボはおさえてある。
というのも、いかにも大阪というものは排除していたのです。いわゆる差別化。
いかにも大阪というのは例えば食に関しては、梅田駅の近くにある食堂街(前に行ってたらふく呑んだ経験あり)とかに任せておいて、別なモノを主に扱っていたのが好印象。

グランフロントのいいところ

グランフロントのいいところを挙げよ、となると、まずアパレルが充実していること。次に専門店がしっかりしていること。最後に他の都市にはないものを積極的にいかしていること。

まず、アパレルの充実ですが、ボクの中で満ち足りる3大セレクトショップ(BEAMS、SHIPS、ユナイテッドアローズ)がしっかりとありました。しかもほぼ同一フロアで。
結局悩んだ挙句、ボクはSHIPSでレザーのバッグを購入。カミさんはいろいろ悩んだものの、コスパを考えた結果購入をやめました。
そのレザーのバッグ、1万3千円也。

ちゃんと角2(A4サイズが入る封筒サイズ)がラクに入るやつでして。ビジネスシーンにもカジュアルシーンにも使えるとみて購入しました。これでしばらく服とカバンは購入しなくて済むかも(大げさ)。

次に専門店がしっかりしていることについて。たまたま見つけたのですが、好日山荘があったのです(会員になってるので)。他にも色々とあったのですが、好日山荘の充実ぶり(広島店の数倍いい)にはビックリしました。

最後に他の都市にはないものを積極的にいかしていることについて。街と建物を充実させることで街全体を活性化させようとしているのがよくわかりました。ちょうどこの日は広場でタイガースに関するイベントがされていて、レストランフロアではタイガースに関するメニューがあったりフォトスポットを設けていました。

見習え、広島。

あと、気付いたのが、一つ一つが広く設けてあること。ショッピングモールのような商店街のような。いいとこどりな感じがしました。

で未遂した話

で、何を未遂したのかというと、まず近畿大学のマグロを食しかけた。続いてビールを呑みかけた。ウィスキーーを呑みかけた。ワインを呑みかけた。ボルダリングをしかけた。などなど。

正直言って、大阪に完敗です。広島何とかしろよって。街の規模もあるんでしょうが、フロアの使い方が確実に数段上を行っていました。

そのグランフロントを後にして新大阪駅でランチ。という名の呑み。
プレートランチをいただきながらボクはビールを、カミさんはワインをいただきました。
帰りの車内はもちろんウトウトでしたがね。

帰って現実に

こうして弾丸に近い(といっても相当ゆとりを持たせました)関西遠征は終わりまして。
カミさんは現実に戻るのを拒否していました。子どもか。
そういうボクも現実に戻るのを…。
さて、今度はホントに現実のことを書かねばなるまい。
整理して書いておこうと思います。