Voz de Estrellas.

躁うつ病と戦いつつも趣味に生きるオトコの一代記。

くせ毛対策にヘアアイロンを今になって購入した話。

自分はくせ毛です。天パです。
グルグルではないですが、軽くカールしているところがあります。
これを生かせばカッコいいヘアアレンジができるのでしょうが、たぶん無理です。器用じゃないんで。
で、髪をストレートにするという結論に達したのです。

美容院にて

日曜日に美容院でカットをお願いしたときのこと。
前回お願いしたときには、イメージとして「歌劇2月号」の表紙、美弥るりかさんを見せていたのですが、そのときは外ハネのセットの仕方についてアドバイスしていただいたのでした。
で、今回、前回と同じイメージで、と依頼したらカット~シャンプーときてブロー~セットになるときに新しい提案がされたのでした。

新たな提案、アイロン

その新しい提案は、ヘアアイロンをかけるというものでした。
ヘアアイロンははじめてというか、カールをつけるためにするものだと思っていたので、戸惑いましたが、受け入れてみたのです。

そしたら、明らかにいい感じ。
顔の造りなどを除けば十分に前回お願いしたイメージに合う感じで、もう満足。
「ヘアアイロンを使ったらアレンジも変わるし、男性も使ってみてもいい」と言うので、「よし、買おう」と帰り道にて家電量販店に寄ったのでした。

希望通りにいかず

ヘアアイロンについて聞いたのは「120~140度くらいにしてかける」というもの。低温にしておくことで髪の痛みが少なくて済む、らしい。
なので、購入候補としてその温度になるモノを、と思ったのですが、さっぱりわからないのでその日は購入をやめたのでした。
ま、妻に相談してなかったのもあるんですが。

ついに購入、ヘアアイロン

で、家にて妻に相談したところ「いいんじゃないか」と。
ボクがくせ毛で奮闘してたのを見てましたからね。特に前髪。

翌日。家電量販店にて探していたら店員さんに声をかけられたので状況を説明したら、男性でアイロン使うのをそう聞かないので、合ったのがわからないとのこと。
仕方ないので、自分で性能を見て比較して探すことに(最初からこうしとけばよかったと思ったのは購入してから)。
で、わかったことは

  • 安い価格帯で温度調節できるモデルは少ない
  • 小さいモデル自体少ない
  • 男性に合うモデル自体少ない

ということ。仕方ないのでどれかを削ってどれかを受け入れるという方法をとったら、モノトーンで小さいモデルのモッズヘアーのアイロンがあったのでそれをレジへ。商品でなく札で持っていくのですが、レジで入力したら在庫のないヤツだったらしい…
そこで仕方なく第2希望のヴィダルサスーンにしたら、今度は在庫がありました。ポイント使って4,000円で購入しましたが、これが予想以上に良かったのでした。

アイロン使いになれるか?

購入したのは写真のモノなんですが、まず小さい。小回りが利いて使いやすい(店で試せよ、というツッコミはなしで)のです。
そして手元にスイッチがある(安いモデルはないモノが多い)ので、途中で手を止めやすい。
あとは、そのアイロンが使いこなせる、使い続けられるか。

なお、使い心地は最高で、使った後の髪もしっかり真っ直ぐになってた(特に前髪)のでした。
さすがに美容師さんがやったようにはいきませんが、毎朝が楽しみになりましたよ。
あとはそれを披露する日がやってくるのを待つばかり(現在まだ休職中のため)。