Voz de Estrellas.

躁うつ病と戦いつつも趣味に生きるオトコの一代記。

山に行ってきました。その2

前回の続き

ココロ折れそうな感じでしたが、なんとか山荘(山小屋)まで着いた我々一行(と言っても夫婦2人)。
山荘が意外ときれいなのが驚きでした。

法華院温泉山荘、お世話になります。

九州で最も高いところにある(らしい)温泉、法華院温泉山荘。
初日はここのキャンプ場でテント泊です。

テント張るまでが大変

なんせ人気の山荘。
山荘のチェックインや温泉のチケット購入(と言っても金払うだけ)、そしてキャンプ場の場所取り。
すべてココでこなしています。

店員さんが慌しくやってました。
というのも、受付の裏は食堂のレジ。休憩の際の飲み物(というか酒)を頼むのもここでやってるので大変でしょうね。実際大変そうでしたよ。

妻が受付をこなしてボクは休憩。

山荘から観る山々もいいもんですな。

で、歩いて2分くらいのところにある第2キャンプ場(第1キャンプ場は既に一杯でした)でテントを張りました。

ここをキャンプ地とする!

って言いたくなるのをこらえ(というか元ネタを妻は知らない)、テントを張り始めました。
テント、ボクが手際よくやったので張るのは楽だったんですね。
妻も手伝った分、5分くらいで荷物を入れることができました。

はじめてのアルファパスタ、そして雨

夕飯はアルファ米ならぬアルファパスタ。ペペロンチーノにミネストローネという簡単なもの(この日の晩、翌日の朝と昼は山ご飯にしました)。
お湯沸しはボクの役目です。ひとり外でSOTOのアミカスを使って湯を沸かして容器に湯を注ぐ。ミネストローネはシェラカップに入れて雰囲気出します。山ご飯のね。

味は意外とイケました。山ご飯への順応性がある夫婦なのかわかりませんが、美味しくいただきました。

洗い物を出さないように残った湯でシェラカップに注ぎ白湯をいただく。で、ティッシュで拭く。
今回のテーマは生ごみを出さない、ですからね。

そしてテントで寛ぐと雨の音。晴れと言ってたじゃない、と恨めしながら自販機へビールを買いに行きました。
当たり前ですが、ヘッドライトは必須です。
ボクらが購入したのはPETZLのティカ。お安い割には明るさも十分。いい買い物でした。

雨風が強まる中で就寝。
寝れるわけがない。だって風でテントが揺れるんですから!
ここで自然の洗礼を受けたのか…
でも、そこで負けるわけがない。我々のプロモンテVL26テントは意外と快適でした。2人用としては狭いけど。

一日目で得たもの

キツイ山登り(頂上は遠いですが)のあとの温泉とビールは最高でした。
そして、湯を沸かすだけの作業がこれほど面白いとは。
いつものキャンプでは味わえない「何もない」ことがこれほど面白いとは。

何もなかったとしても、ミニマムなモノでなんとかなるものです。
第一クッカー関係はアミカスクッカーコンポのみ(あとフィールドホッパーと風除けはありましたが)でしたからね。水さえあればなんとかなるもんですね、今の山行は。

さて2日目は三俣山を目指します。というのを初日の夜、テント内で決定したのでした。

続く