Voz de Estrellas.

躁うつ病と戦いつつも趣味に生きるオトコの一代記。

【競馬予想】宝塚記念について

もう阪神競馬場に行ったことから抜け殻のようになっていましたが(阪神競馬場に行った話についてはまた後日に書こうかと思います)、あっとG1がありました。宝塚記念です。

混戦気味に見える宝塚記念

例年なら…

  • 荒れた馬場
  • 目立ったG1ではない
  • 目玉のG1馬はよく沈む

といった感じに思うのですが。
さて今年はどうなのでしょう。

そう考えるとサトノダイヤモンドは。

先ほどの事柄を鑑みると一番人気になりそうなサトノダイヤモンドの取捨が。
まず、サトノダイヤモンドの印象としては

  • 良馬場でこその切れ味
  • フランスの馬場は合わなかった
  • 目玉のG1馬

そう考えたら「消し」ですね。

ボクの一押し、パフォーマプロミス

となると、ドバイターフ2着からの臨戦態勢のヴィブロスかズブズブ馬場の菊花賞を勝ち切ったキセキか。
そうではないよ、奥さん。と、ボクは思ったのです。

ここは順調に使われた馬が来るんじゃないかと。

そう考えると鳴尾記念を勝ったストロングタイタンか日経新春杯からの目黒記念叩いてのパフォーマプロミスか。
ボクの結論は、叩き2走目のパフォーマプロミスとします。
荒れた馬場もこなせるし、距離もこのくらいも十分守備範囲内。目黒記念も着が拾えるかと思ったなかでの3着ですから叩き2走目で全身必至でしょう。
阪神も最終週。ある程度馬場も荒れてくるでしょう。雨も降りますし。
ステイゴールド産駒の阪神成績の良さもありますから、一押しとさせていただきます。

格より調子で

対抗にはストロングタイタン。ヴィブロスは単穴とします。
夏競馬には早いですが、この時期は「格より調子」
前走の内容の良さからストロングタイタンがここで一気に花開くのかもしれません。

ヴィブロスは格では上を行っていますが、さすがに休み明けでいきなりG1となると調子のいい馬に足をすくわれるかもしれませんし。でも、今回出走するG1馬の中では最も臨戦態勢が整っているといっていいのかも。

あとは、荒れた馬場ということで、
キセキ、ミッキーロケット、ダンビュライトに印をつけます。

馬券は馬単で

馬券は馬単7⇔4,5,8,10,16と流していきます。
そしてオッズによりますが、7と5の単勝を隠し球で。

春のラストG1。ここで当てて、楽しくレッツ夏競馬といきたいですね。