Voz de Estrellas.

躁うつ病と戦いつつも趣味に生きるオトコの一代記。

罪悪感キャンプ。

西日本は豪雨災害。
ご存知のとおり、広島も報道されていないところでも結構な被害がありまして。幸いボクの家は浸水とかはありませんでしたが、川向こうの町では浸水していた個所もあったみたいで。その災害ゴミを処理することを優先していることもあって一般ゴミの回収が少しセーブされているという…

キャンプ行ってきた×2

そんななかでキャンプに行ってきました。
しかも2週連続で。
その第1週の模様はこちらに書いてますが。

estrellajiro-outdoor.hatenablog.com

estrellajiro-outdoor.hatenablog.com

で、第2週はソロキャンプでした。
ま、行かせてくれた妻には感謝ですな。めいっぱい遊んできましたからね。プラス酒飲んでましたからね。

でも、雨が万が一降ったらエライことになりかねない中で行ってきたので、綱渡り状態。でも、そんなことは日常茶飯事ですからね。一応日本気象協会のアプリで毎日チェックしたうえでキャンプ場を押さえていますからね。

ビバ、キャンプ。罪悪感あるけど。

一部では休日出勤している同志がいるのをわかってはいるものの、行きたいものは行きたい。やりたいことはやりたい。
それがキャンプなのです。

行ってきた先は島根の先端部と言っていいところ。
松江市街から20分くらいクルマを走らせたところにある「マリンパーク多古鼻」というところ。
予約の電話をしたら「ホントにコンビニもスーパーもないですから」という返事が。ということで、松江のイオンで多くを買い出し。結果、この買い出しが良かったのです。松江近郊でキャンプするには松江のイオンに行った方がいいですよ。
そして、ワインを追加しようと途中のコンビニに寄ったらそれが最後のコンビニだったという。コンビニどころか商店もなかったという。

そしてキャンプ場へ。
管理棟も含めてとても整備されたところ。何もないけど。
でも、海が見えていいところだったのです。

サイトからちょっと歩いたら海が眺められるんですから。
ま、ほんの少しだけ罪悪感はありましたがね。

酷暑の中のキャンプはかえって気持ちいい。

正直申し上げるとボクは厚さが苦手でして。キャプテン翼でのふらのFC(北海道の松山くんがいたところね)なみに酷暑に弱いのです。
でも、そんななかでもやるのがキャンプ(自己責任ですけどね)。汗を流しながらサイトを設営し、水とビールを流し込んだのです。

こう組み立ててみると、はやくパンダTCタープが出てほしい(9月発売予定)のです。サイトの一体感もありますが、影が計算できます。今回はギリギリまでタープをテントに近づけて立てましたが、やはり影が…

でも、ひと汗流してふぅ、っと一息つくのが堪らなくいいんですね。ビール飲むのもいいし、ボケーっとしているのもいい。ハンモックあったら寝てるでしょうね。もれなく日焼けしますけど、本間選手(新日本プロレス)並みに。

結果、罪悪感を感じながらやることが面白いのかも。

キャンプやること自体罪悪感。その中で昼間からビール飲むのも罪悪感。栄養価考えずにご飯作って食べるのも罪悪感。radikoでいろんな番組(といってもメインはカープ中継)聴きながら星空眺めるのも罪悪感。

だって、一方では働いている人もいるし。
でも、ボクは命の洗濯を優先させたのですけど。
そのなかでやることって意外とスリリングで面白かったです、不謹慎ですけど。

結果として、罪悪感を感じながら何かやるってのは面白いんですよね、やっぱり不謹慎ですけどね。
こうして命の洗濯をしてきて、週が明けて…
カネが続くならキャンプやってたいなぁ。
それなりに整備された無料のキャンプ場ってそうないですからね、中国地方は。

今日もボクは働いた。何か知らんけど、キャンプのために働いているのだか、タカラヅカのために働いているのだか。