Voz de Estrellas.

躁うつ病と戦いつつも趣味に生きるオトコの一代記。

エース宣言。という名の追い込み。

ただいま、ボクの職場がとんでもないことになってまして。
というのも、色々あってバタバタしています。
そんななか、もう見てられない!ということで…
先週末に「エース宣言」していました。こそっと。自分のなかで。

まず、「エース」とは?

「エース」とはいい響きである。だって、花形だもんね。
野球部のエースには憧れていましたよ。サッカー部だったけど。
キャプテンでしたがディフェンスだったもんで、「エース」とはかけ離れた日々…

ということで、「エース」とは「花形」と勝手に解釈。
花形ということは、注目もされるしその分プレッシャーがかかります。
でも、それを跳ね返してこその「エース」なのでしょう。

「エース宣言」の功罪。

とりあえず、先週末「エース宣言」したわけですが。あくまでこそっと、自分のなかで。
自分で「エース」と言うわけですから、相当ギャンブラーです。

まず、「自分の中のエース像」について考えていかなければなりません。
エースって…

  • 集団の先頭に立ってやっていく
  • 集団の中で目立っていく
  • 集団を引っ張っていく

と勝手ながら思っているのですが、それがどう出るか?

エースと気づいてくれると何かと頼られるでしょう。
頼られるということで、自分の経験値も上がるでしょうし。
そして経験値が上がるということは、自分磨きにもなりますし。

でも、エースと気づかれ、頼られるということは、かえって自分の首を絞めることになるかもしれません。
酷使されたりしそうですし。使い捨てられる可能性もあるんですから(被害妄想あり)。

ともかく宣言したんだ、オレ。

何はともあれ、エース宣言しました。
まずは、目の前にある自分の仕事をこなしつつ、周りのことも目を向けています。
そしたら色々と起こることもあって、助けることも。
助けることで助けてもらえる(可能性がある)かもしれませんし。

それと、自分の意見を率先して言うようにしました。
自分の意見を出すと言うことは、自分に責任を負うことになりますが、そこはエース。
ちゃんと自分を持って行動していくのです。
ま、自分の意見を聞いてくれる職場環境(というか非常事態に近いので、そこは聞かざるをえないのかもしれませんが)なので、言うことは言うようにしました。

そしたら、「打てば響く」というのでしょうか。
ボクの意見を取り入れてくれたりして。

ありがたいです。
エース宣言した甲斐があります。と言っても宣言して数日だけど。

そんな自称エースは毎日とはいきませんが日々の気づきや自分の思いをほぼ日手帳に記しています。
裏表紙には推しのひらめちゃんこと朝月希和さんを忍ばせています(思いっきり見せてるやん、というご意見は受け入れます)。今日はどう書いていこうかな。

さて、今後も突っ切るぞ!GO ACE!