Voz de Estrellas.

躁うつ病と戦いつつも趣味に生きるオトコの一代記。

スターは凄い。真風涼帆に魅せられて。

先日、宝塚に行きまして。
妻が贔屓にしている芹香斗亜さんのいる宙組を観に行ったわけです。
そこのトップスターは真風涼帆さん。
そう、ボクの中での3大男前スターなのです(残る2人は新井さんとキングカズ)。

スターは一握り。

宝塚の世界をここ数年は妻からレクチャーを受け、結構詳しくなってきました。
まず、スターというのは「男役」にのみ与えられるもの(娘役のトップに「スター」とはつかないらしいし)だということ。
某局のカラオケバトルで宝塚OGが出ていても「スター」がつかないのは、娘役出身というのが多いからと推測します。ま、さすがにトップの方とかが出たらえらい事(いろんな意味で)になるでしょうし。

で、あくまでも宝塚OGで芸能界で活動されていく中で「スター」というのはかなり効くみたいで。トップの方々はもちろんですが、遼河はるひさんも「スター」として活躍されていたので、かつあのキャラクターなので芸能界でも重宝されているのでしょう。ま、宝塚の方々は結構いいキャラした人が多いですからね。

真風涼帆、現る。

ボクが宝塚に出会って最初に見たのは、壮一帆さんだったり早霧せいなさんだったりするので、結構最近。
そのときは「あ~、すげぇなぁ」とだけでしかなかったのですが、歌劇・グラフという2大雑誌を読んでいくうちに色んなジェンヌさんを知り、また見てみたいなぁ…となったわけです。
そのときに気になったのは、望海風斗さんと芹香斗亜さん。
望海さんは言うまでもなく、早霧さん時代のナンバー2。芹香さんは花組ナンバー2というよりかは、妻がボクに興味を惹かせるように「あの人はね、阪急の山沖選手の娘さんでね」と説明を受けていたのです。確かに山沖は凄い投手だったよね、と返すしかないのですが。

そこから芹香さんが宙組へ組替え。
最初の大劇場公演を観に行くことができたのです。「天は赤い河のほとり」です。
で、真風さん登場です。
ひとことで「カッコえぇわぁ」となったのです。

スターって凄い。トップってもっと凄い。

最初の大劇場公演は「トップになるのって凄いことなんだな」「スターはかなり大変なんだな」という感想が出て来ました(今頃かい、というツッコミはなしで)。だって真風さん、初々しいんだもん。

それから半年くらい。2作目も観ることが叶いました。妻に感謝です。

左が今回の演目。真風さん、男前。

今回は日本物のショーが先に行われるため、このような感じに。

感想として。
やはり真風さん、男前。

トップの方は基本出ずっぱりなのですが、息切れることなく現れて魅せていくのです。
芹香さんも妻いわく凄いとのことなのですが、ボクはやはり真風さんなのでした。
やっぱり、スターは凄いわ。

次回作が凄いらしい。

で、宙組の次回大劇場公演が「オーシャンズ11」とのこと。
原作の映画は知らんのですが、とにかく面白い映画だったとのことで。
宝塚でも演じられているらしいんです。それを映像で見た妻が「これは絶対に観に行かなければ」と入れ込んでいたので、ドウドウとなだめていたのですが。

とにかく内容は抱腹絶倒なモノらしく。
真風さんに対して、チャンカワイの如く「惚れてまうやろ~」となること間違いなし、と言われました。
ただね…
なんか、スケジュールとして大丈夫か?な時期らしいです。そう、即位の頃なのです。10連休になるかもしれないときなのです。
ただでさえ取れない宝塚のチケット(ま、カープのチケットと比べたら品がいいですな)。
ゴールデンウィーク、10連休…
行きたいな。でもホテルが高いんだろうな、バスや新幹線も高いんだろうな…

はぁ、真風さま、また観たい。