Voz de Estrellas.

躁うつ病と戦いつつも趣味に生きるオトコの一代記。

新年明けました。

2018年、明けました。
という事でおめでとうございます。

正月は実家めぐりからの初詣からの自宅でのんびりのいつものルーティンをこなしました。
たぶん、朝が弱くなくなれば、仕事復帰もいつでもオッケーな状態です。
それだけ、状態が良くなっています。嬉しい事です。

さて、その正月ですが、
実家めぐりはやはり少しストレスが溜まる。
だって、実家だからそうそう話すネタなんて尽きちゃうじゃないですか。
なので、今回は両親が昨年出かけたスイスとドイツの写真をスライドショーで見ながら一杯となりました。
そしたら話がスムーズに出るわ出るわ。こういうのは立場気にしなくて話せますもんね。
実家では父の76歳の誕生日を祝いました(元日生まれなもので)。
ケーキはいつも兄が準備してくれます。ありがとう、ありがとう。
でも、ビール片手にケーキをいただく自分がおそろしや。正月だからこそできるマジック。

そして、1月2日。宮島へと向かいました。
二日酔いもなく(たぶん)、スッキリと向かいました。
宮島へは公共交通機関で行かないとマズいことになりますよ。だって渋滞酷いし、駐車場もすぐになくなる。
そんなストレスのない公共交通機関をおススメします。

と思ったら、参拝する前に渋滞。
参拝する人の多さから、あらかじめ整理して並ばせているみたいでした。
ま、割り込む人さえいなければストレスなく進めますもんね…と思ったら、進まなかった。やはり、入場制限かけているみたいでした。
そうだよね、板が抜けたら元も子もないですもんね。

ここ数年は御祓いをいただいていたのですが、今回は人も多いしいいか、ということで、お参りだけにしました。
日頃の感謝と今後のお願いはしたいですからね。
そして、お札やお守りを購入してお神酒をいただき、御神籤へ。
結果は、吉でした。
勝負事、十分の勝あり。
今年は勝負しまくります、身を滅ぼさない程度に。
御神籤を結んだあとに見た大鳥居はやはり雄大でした。
参拝に並んでいたときには満ちていた海がひいていたのが幻想的で。
このときばかりは広島県民でよかったなぁと感じるのでした。
その後、いつも参っている大願寺の弁財天と不動明王へ。線香をあげ、お守りを購入して帰りました。

と思ったら大間違い。まだまだ、道中は続くのでした。

長くなったので、つづく。