Voz de Estrellas.

躁うつ病と戦いつつも趣味に生きるオトコの一代記。

中華製に委ねてみる。

ワイヤレスイヤホンが欲しくなりました。
しかし、BOSEだと2万7千円するしSONYでも2万円は超える。
手の届かないものかと思いきや、Amazonで探すと出るわ出るわ。
怪しそうだが…

というわけで購入

というわけで購入してしまいました。中華製ワイヤレスイヤホン。お値段4千円弱。

開けた瞬間に大丈夫かいなと言いたくもなるけど、使ってみなければ。

開けた結果

開けると充電地を兼ねたケース、本体、スペアのイヤーピース、充電用のケーブル、取説と入ってました。
イヤーピースが1つ欠けていたのはもうええわ、と諦め。動けばいいんですから。

ケースを充電すると白いイルミで電池の残量を教えてくれます。
また本体の充電はケースに入れれば赤く光りますので、これが消えれば充電完了。
ちなみに取説は英語と中国語。もちろん英語を見てやってみましたわさ。

ペアリング

ペアリングは面倒な作業のひとつ。でもこれを超えれば何とかなるもん。

Bluetooth接続

まず、左耳側の電源を入れてスマホ側のBluetooth機器のアクセスがあるかを見ます。
あったらタップして数秒待てばOK。ここまでは簡単です。
ただ、電源を入れるのに4秒以上長押するのは結構労力がいりますね。せめて2秒…

両耳接続

このままだと左耳のみの接続となりますので、右耳を接続させます。
これも4秒以上長押…長い、長すぎる。
でもこれさえできたら次から簡単さ、とレビューで書かれていたので頑張りました。
そしたら、2回目以降も両耳とも電源を入れないと両耳につながらないらしい…
面倒くせぇ…

で、使ってみた。

本体はご覧のとおり、耳のくぼみ程度の大きさ。

早速使ってみました。
まずはAmazonプライムミュージックプレイヤーで再生。からの曲スキップ。
再生は普通にできました。音質も悪くはありません。こもった音とかは特にないですし。
曲スキップを数回試してみました。
そしたら数回音飛びが。とはいっても100回に2,3回程度の頻度でしょうか。

中華製のものは音飛びがひどいとか音質がひどいとか言われていますが、僕が買ったものは今のところそういうのはないみたい。ラッキーといいますか、レビュー記事をしっかりと見極めての購入ですから。

あとはradikoでの再生と長時間の再生、いったん使った後のケースでの充電。
試したいことはいくらでもあるんだよなぁ。

2時間radikoで試した結果

先ほど、試してみました。
スマホで再生しているradikoで遠隔操作などを試してみました。
結果としては、再生時間は1時間40分。2時間と謳っていたので20分ほどの誤差。ま、いいでしょう。
遠隔操作は再生と停止について、問題なくできました。しかし、Bluetoothの限界が10m。10mくらいになると音が途切れてきます。この点は普通のBluetooth製品と変わらず。というかそれで上々なのですが。
もちろんバッテリーローになると警告音と英語での警告が流れます。そこでケースに入れて充電となります。

なんだか近未来って感じ。これで小一時間置いておけばいいみたいです。
1回の充電でケースの充電池の3割弱。3回は充電できると踏んでおいたらいいと思いますね。

おわりに

じゃあ、あんたが買ったメーカーは何やねん。
答えはこれです。

これがベストバイかどうかはこれから長いスパンで使ってみてのことになりそうですが。
とりあえずわかったこと。
ケーブルないってサイコー!ですね。