Voz de Estrellas.

躁うつ病と戦いつつも趣味に生きるオトコの一代記。

手帳を購入した件。

もう1月も終わりなので何なのですが、先日システム手帳のリフィルを購入しました。
普通の人なら「今頃手帳かよ」となりますが、ボクの場合は訳あってこの時期になりました。
今日はそのことについてお話したいと思います。

なぜ今頃に手帳なのか

僕がこの時期に手帳を買うのには訳があります。
それは、公務員というボクの職種に訳があります。

公務員は4月始まりが望ましい

公務員というのは暦年で仕事をしているのでなくて、年度で仕事をしています。
つまり一年は1月から12月でなく4月から3月までが一年
なので、4月始まりの手帳のほうが仕事をするには整理がラクなのです。

みんなが手帳買う時期にまだ4月始まりがない

皆さんが1月始まりの手帳を購入する頃には4月始まりの手帳は売っていません。
買う側が混乱してしまうのとまだ4月始まりの手帳には1月から3月まで余裕があるからです。
だから4月始まりを購入するには1月以降。ボクが早いくらいです。

公務員に向いた手帳がイケてない

公務員に向いた手帳というのが実はあって、毎年購入斡旋のお知らせが来ます。
しかし、それは公務員という仕事をするにはあまりに非効率でお金の無駄だということがわかったのです。
具体的には

  • 公務員なのに1月始まり
  • 記入欄は古臭く、書きづらい
  • 付属の資料は今やスマホでサーチできる
  • 大きすぎる(確かA5かB5判だったような)

なので、スマートに持ち歩こうとするにはイケてないのです。
第一持っている人もそういなくなったような…

では何を購入しているのか

4月始まりの手帳なら何でもいいのでしょうが、毎年同じ手帳が出るとは限りません。不人気なら即打ち切りですからね。
なので、手帳選びは困難を極めます。第一4月始まりの手帳はそうそう出てませんから。
そこでボクがチョイスしたのは「システム手帳」でした。

フランクリン・プランナーを購入

ボクがチョイスしたのはフランクリン・プランナー
東急ハンズで様々なシステム手帳を比較して決めました。
決め手となったのは

  • そこそこ値が張ることでスケジュール管理しようとプレッシャーをかけれる
  • 記載欄に柔軟性がある

この2点でした。

フランクリン・プランナーの値段

値段は張ります。スターターキットで1万円弱。
それでもシステム手帳のスターターキットとしては高くはありませんでした。
もっと高いものもありましたから。
ちなみにバイブルサイズのコンパクトを使用しています。

今年のリフィルは

リフィルは

  • 1日2ページ
  • 1日1ページ
  • バーチカル(1週間2ページ)
  • 月間

の4種類だったでしょうか。

これまではバーチカルの手帳を使用していたのでこれに習ってバーチカルにしていました。
それを2018年度は1日1ページのものにしました。

1日1ページにした訳

これまでバーチカルにしていたのには

  • 公務員のスケジュールは結構決まっている
  • なので略称などで書き込める
  • なので簡潔に書き込めるものでいい

といった理由があってバーチカルにしていました。
これを1日1ページにしたのは、病気が関わっています。
本当にやるべきこと、やっておきたいこと、そして1日のスケジュール。
それをすべて書いておきたいと思って、選んだのが1日1ページのものでした。

では何を書くのか

では、1日1ページ、何を書くのか。

  • 1日のスケジュール
  • 1日のタスク
  • 自分のやっておきたいこと
  • その日にあったこと
  • 明日以降に必要なこと

スケジュールとタスクは言うまでもなく。
自分のやっておきたいことは書いておくことで自分を見つめなおすことができる。
必要に応じてその日にあったことや明日以降に必要なことを自由記載欄に書く。
書こうと思ったら3行日記もできます。

ほぼ日ではダメだったのか?

では、1日1ページということで考えればほぼ日手帳」ではダメなのか?という疑問がわきます。
正直に言うと「ほぼ日手帳」は自由に作れる喜びもあって、とてもいい手帳なのです。
でも、公務員という職業には向いていません。
スケジュールが定まっている公務員にはスペースがありすぎるのです。
じゃ、日記とかにして使えばいいじゃんとなるのですが、本当に日記にしてしまうと反体制的なことも書いてしまいかねなくなり手帳として使うには恥ずかしく(といいますか使うのが怖くなる)なるのです。
なので、フリーランスの方とかでしたら「ほぼ日手帳」はすごく有能な手帳なのです。
ただ、公務員には向いていないだけ。

本当の勝負は2月、3月から

手帳は購入しました。準備はひとまずできました。
あとは新年度に職場復帰できるかどうか。
そのためにも来月再来月が勝負になってきます。
割り当てられた職場環境がこの手帳にふさわしいものになるか、ふさわしいものにできるか。
2月、3月が勝負。
そう言い聞かせて過ごすことにします。