Voz de Estrellas.

躁うつ病と戦いつつも趣味に生きるオトコの一代記。

外遊びへの欲求

ボクは多趣味なもんで、競馬のほかにアウトドアもたしなんでいます。
去年も数回ソロキャンプに行き、妻とも数回キャンプに行きました。

その妻も山登りに夢中になり、何度か登山に行っています。
何度も挫けそうになりながらも、登りきったときの爽快感はたまりません。

ボクは広島の人間なので近くで最も高い山が鳥取の大山。
そこを登りきったときの爽快感とカップヌードルの塩気の味がたまらなかったなぁ。

今はクソ寒いので登山もキャンプもやっていないが、妄想だけは十分にやっています。
B6君で熱燗を作り肴を炙る。それをいただきながらもう片方のB6君で肉を焼いて食べるというもの。
f:id:estrellajiro:20171029171118j:plain
想像するだけでは物足りないので庭でやってみたいのですが、あまりにも寒いので未遂となるのですが。

あれ欲しい、これ欲しい。

想像していくと、足りないものが出てきます。それは自分が持っていないモノ。
例えば去年の今頃はB6君を持っていなかったので、そこは想像でカバーしていたんですが、さすがに欲しくなって、お金を算段して購入、となったのでした。

テンマクデザイン「Campanda」

今欲しいものは、パンダテント「Campanda」。

テンマクデザイン PANDA[パンダ]レッド

テンマクデザイン PANDA[パンダ]レッド

テンマクデザインがキャンプコーディネーターのこいしゆうかさんとコラボして作ったモノ。
デザインの良さと19,800円というテントとしてはお求め安い価格で人気を博しています。
その良さのひとつとして、「とことんおひとりで楽しめる空間」が味わえる、というもの。
四角錐という古き良きデザインの半分が寝るスペース。残る半分がいわゆる土間スペースで、そこで煮炊きができるわけ(自己責任が発生するが)。その土間スペースをフルに活用すれば、別にタープを持ち歩かなくても済むという(パンダ用のタープが発売されてはいますが)。
まさにおひとり様で荷物を多くしたくないときに使えるテント。
今ボクは山岳用のテントにコールマンのタープを持ち歩いてるのですが、タープが重い。かと言って屋根がないことにはもしものときに荷物が…となるのでタープは欠かせないのです。
でもパンダがあれば、土間スペースに荷物を入れておけるので、大変助かるのです。

ヘリノックス「チェアワン」

あとはイス。背もたれがある軽いヤツが欲しい。
候補はヘリノックス。

Helinox(ヘリノックス) チェアワン ブラック 1822151-BK

Helinox(ヘリノックス) チェアワン ブラック 1822151-BK

チェアゼロというもっと軽いヤツが出ているらしいが、ここではチェアワンを紹介。
収納性も良く、何より軽い。そして120キロまで耐えられる。
山岳用のイスでもいいのかもしれないけど、やはり背もたれは欲しいんですね。
それを満たしてくれるのはヘリノックスなんです。
1万円するけど欲しいものは欲しい。

オピネルナイフ

あとはナイフ。
ボクは今モーラナイフを使っているんですが、やはり折りたためて小さいほうが何かと使いやすいんです。
そこでオピネルの#8なら十二分に活躍してくれるのではないかと。

オピネル社のナイフは品質もいいのですが、何よりデザインがいい。
持っていて様になるといいますか、カッコつけられるんですね。
ちょっとしたカットから肉の裁きまでこなせるオピネル。いいですなぁ。

やっぱ外遊びしたい

アウトドアへの欲求が溢れ出る内容となりましたが、冬は籠もっているだけに春になってからのことが楽しみでなりません。今、躁うつ病を持っていますが、この楽しみや想像が鬱々とした状態にさせないひとつのピースとなっています。

早く職場復帰して、堂々とアウトドアをして楽しんでいきたいなぁ。
そのためにもパンダテントは欲しいよなぁ。
だから早く稼ぎたいなぁ。