Voz de Estrellas.

躁うつ病と戦いつつも趣味に生きるオトコの一代記。

ここが悪いぜChromebox。

先日、Chromeboxを購入してのGOODな感想を述べました。

blog.estrellajiro.net

でも、いい所があれば悪い所もあり。
長所もあれば短所もあり。

なので、今回は「ここが悪いぜChromebox」と題してChromeboxの弱点を晒しておきたいと思います。

YouTube以外の動画が(たぶん)使えない

全部を試してみたわけじゃないですけど、少なくとも「新日本プロレスワールド」が見れません。
確認したら、WindowsもしくはIOS のみの対応でした。
ま、覚悟はしてましたが…

これについては、YouTube専用マシンとして動画は見ることにしましょう。

USBポートが4つしかない

USBポートは4つしかありません。

前面に2つ、背面に2つ。
これのうち1つはマウスとキーボードを動かすために使わねばなりません。
Bluetoothは使えますが、起動したときのパスワード入力はできないのです。
思わず「マジか!」と叫んでしまいました。

結局、今のところスピーカー(JBLのバスパワー)と付属キーボードとマウスのために背面のモノが埋まってしまいました…

キーボードの融通が利かない

Bluetoothキーボードを使っていたのですが、ファンクションキーなどが利かず(そもそもファンクションキー使う意味が特にない)。Windowsで利いていたショートカットキーもctrlキーとaltキー関連のものだけ使えます。
なので、homeキーなんかもなく。
あと、BackSpaceはあってもDeleteがないという。これ致命的。

マウスがお粗末

これを言ったらなんだけど、マウスがワイヤレスなだけでホイール以外ないのです。
なので、最近のマウスでいう3ボタンとか5ボタンとかない。そもそもボタンがない。
ただスクロールさせてポインタを動かして…

ま、そんなもんでいいのがChromeboxのいい所なのかもしれませんが。
シンプルにパソコンを楽しむものですからね(結構開き直り)。

それでもChromeboxを使うでしょう。

色々と悪い所も挙げましたが。
それでも、Chromeboxは良いパソコンだと言い切れます。
まず、起動が速いし。シャットダウンも速いし。
あと、Google Chromeブラウザなので、速いしストレスなく使えます。

なんといっても、その大きさ。Chromebookだと実感できないのですが、Chromeboxなら12センチ四方なのでファミコンミニくらいの大きさ。Googleのアプリを最大限に使用すれば、この箱一つでプレゼンテーションやらも可能です。やらんけど。

今日たまたま職場のパソコン環境について話がありました。今使っているのがEPSONの1G8GのWindows7。
2020年7月になったら(たぶん)サポート終了なので職場のパソコンが変わっていく(はず)。
そんな中で日々更新作業してトラブル起こすWindows10よりも…と思ったのですが、ここで一つ問題が。
世の中Microsoft Officeに慣れきっている、というか依存しているので、Googleアプリだと面倒くさくなってしまうのでしょうね。

ボクですか?この間もスプレッドシート作ってそれをExcelデータとPDFデータに変換して保存し、スマホからLINEで送信してやり取りしましたわさ。

ということで、イチから作業するときはこのマシンでやっておこうと思います。

…これでやっとChromeboxについて語り尽くせた。
明日以降は別の話題ができますね。
競馬の話もしとかないといけませんし。